【バドミントン】なかなか攻撃に移れない時の対処法!ドライブレシーブの使い方

バドミントン

みなさんはラリー中にこんなことを思ったことはありませんか?

 

「相手にばっかりスマッシュやドロップを打たれて決められちゃうなぁ」

「なかなか攻撃に移れないなぁ」

「そもそもロブが上がってこねぇ!」

「ロブが上がってきたとしてもスマッシュ決める自信なんて無い…」

 

こんな感じでラリーを回されてるうちに、よく分からないけど決められてしまうって方も多くいらっしゃるのでは無いでしょうか?

 

そんな、なかなか攻撃に移れない方が攻撃に移れて、なおかつ優位な展開にもっていける方法をお伝えしていこうと思います。

 

 

なかなか攻撃に移れないときはドライブレシーブをしよう

相手に攻撃されてばかりということは、頻繁にロブや甘い球を上げているということですよね?

 

相手コートの奥までしっかりと返すロブは大切だと思いますが、相手のスマッシュを毎回ロブで返していては打たれる一方で攻撃に移ることはできません。

それどころか、そのうちレシーブが甘くなってスマッシュを決められてしまいます。

 

なので、そうなる前にドライブレシーブを使って攻守を入れ替えてしまおうという作戦です。

ドライブレシーブとは読んで字のごとく、相手のスマッシュをドライブのような早くて低い球でレシーブすることです。

 

ただし、ドライブをすると言っても基礎打ちの際のドライブをあのまま打つ訳ではありません。

 

イメージで言うと、基礎打ちの際のプッシュ練習を思い返してみてください。

1人がネット前でプッシュを打ち、もう1人がそのプッシュされた球をレシーブしますよね?

その時、レシーブする側は相手にプッシュされにくいようにネットすれすれの高さにレシーブすると思います。

そのレシーブをさらに速い球でドライブ気味に返すのがドライブレシーブになります。

 

このドライブレシーブが使えると攻撃の幅がぐんと広がります。

相手の体勢を崩しつつこちらが攻撃に移ることができるのです。

 

 

ドライブレシーブを使った攻守の切り替え

ここではドライブレシーブを使った1番シンプルなラリーの展開をご紹介してきます。

 

まず左奥にいるオレンジがスマッシュを打ってきました。

レシーブをする水色はロブを上げるのではなく、そのままストレートにオレンジの足元付近へドライブレシーブを返します。

 

パターン1

1つ目は、そのままオレンジが返してくるパターンです。

 

オレンジはスマッシュを打った直後なので足元に飛んでくるシャトルは返しづらくなります。

結果、ゆるい羽が上がってくる可能性が高いのでそこをスマッシュで叩くという流れです。

 

オレンジへドライブレシーブを返した後はサイドバイサイドのままの方が無難です。

水色がドライブレシーブと同時に前へ詰めてしまうと、水色の背後のスペースが空いてしまい逆にチャンスを与えてしまいます。

 

パターン2

2つ目は、ストレートに打ったドライブレシーブに赤がカットインして返してくるパターンです。

 

この時、赤はドライブレシーブがくることを読んだ上でカットインしてきていますので、返ってくる羽はドライブ系の羽か、もしくはネット前に落とす羽が多いと思います。

その配球を予想した上で今度はクロスへと返球し、水色はそのまま前に詰めることでトップアンドバックの形へと展開していくという流れです。

 

ただし、クロスへの返球が甘くなってしまった場合や、先ほどまで後衛にいたオレンジがいち早く回り込んで待ち構えている場合には、サイドバイサイドをキープした方がいいでしょう。

 

 

ドライブレシーブを効果的に使い流れを変えよう!

このように、むやみやたらにロブを上げるのではなく、ドライブレシーブを有効に活用することでラリーの流れを変えることが可能です。

相手の返球コースを限定するようなショットを打ったり、相手の取りづらいコースを狙って返球することで、こちらが優位に展開できる流れを作っていきましょう!