【初心者にオススメ!】バドミントンのダブルスのルール解説!

バドミントン

最近バドミントンを始めたそこのあなた!

みなさん最初にやるのはダブルスだと思いますが、ダブルスのルールってなんか難しいって感じてる方も多いんじゃないですか?

 

まだ始めたばかりで分からないという方やこれからバドミントンを始めようと思っている方に向けて、なるべく分かりやすくバドミントンのルールを解説していこうと思います。

 

それではいってみましょう。

 

 

バドミントンの基本ルール

バドミントンは1ゲームを21点マッチラリーポイント制でおこない、先に2ゲーム取った方が勝ちとなるスポーツです。

※ラリーポイント制については後述します。

 

またお互い1ゲームずつ取り合った場合には3ゲーム目をおこない、このゲームを取った方が勝者となります。

 

どんなに長くても3ゲームで必ず決着がつくということだね!

 

シングルスとダブルスでのコートの有効エリアの違い

バドミントンのコートはシングルスとダブルスで大きさが異なります。

下記の図のようにシングルスでは両サイドが内側のラインまでとなっており、ダブルスではコート全部を使ってよいことになっています。

 

 

ダブルスの方が2人で守るぶん少し広くなってるぞ

試合の流れ

バドミントンは基本的には先に21点目を取った方がそのゲームの勝者となります。

ここではさんとさんが試合をすることになったと仮定してみていきましょう。

 

バドミントンでは1ゲーム目をファーストゲーム、2ゲーム目をセカンドゲーム3ゲーム目をファイナルゲームと呼びます。

 

ストレートで決まるパターン

ファーストゲームを2118さんが取ったとします。

セカンドゲームを217さんが2ゲーム連続で取りました。

この場合、先に2ゲーム取ったのでさんが勝者です。

 

ファイナルゲームまでいくパターン

ファーストゲームを2118さんが取ったとします。

セカンドゲームを1521さんが取り返しました。

※この場合にファイナルゲームを行います。

ファイナルゲームは218さんが取りました。

1ゲームさんに取られましたが、先に2ゲーム取ったのでさんが勝者です。

 

このように

  • 2ゲーム連取した場合はストレートで勝利
  • 1ゲームずつ取り合った場合は3ゲーム目をおこない、最後の3ゲーム目を取った方の勝利

となります。

 

これから始めようと思っている方は、地域のクラブチームなどに参加すると思いますが、そういった場では1ゲームのみで試合をすることがほとんどです。
3ゲームもやりません。
そういった地域のクラブチームの場合、ほとんどがダブルスで試合をおこなうことが多いです。

 

集まった方みんなで試合をするので、ファイナルゲームまでやっていたら回転率も悪いし体力的にもキツイですからね。

 

ラリーポイント制

続いてラリーポイント制についてご説明していきます。

ラリーポイント制とは、そのラリーを制した方に得点が入り次のサーブをおこなえるというもの。

またお互いに得点を重ねていき、20-20となった場合、2点先取するか、先に30点目を取った方がそのゲームの勝者となります。

 

2点先取するっていうのはテニスのデュースと同じだね!

というかラリーを制した方に得点が入るなんて当たり前じゃね?

 

 

その疑問まさにその通りです。

 

じつはバドミントンは以前サイドアウト制というものが採用されており、サーブ権というものが存在していました。

ラリーを制した方に次のサーブ権が与えられ、サーブ権がある状態で得点すると1点入るというものです。

 

ですのでサーブを受ける側は、得点を取ってもサーブ権がないため点は入りませんでした。

サーブ権だけが移動し、サーブ権がある状態で連続で得点することで初めて点が入る仕組みになっていたのです。

 

こんなルールだったため、お互いのサーブ権のみが移動し得点が入らず試合がまったく進まないというような気の遠くなるような試合も過去にはたくさんありました。

 

これがマイナー競技の闇だな…

 

 

 

ゲームの進め方(点数によっての立ち位置)

いよいよ試合の進め方について解説していきたいと思います。

 

基本ルールとして、バドミントンではサーブをする人の点数が偶数の場合(0,2,4,6,8,10,12…)、コートの右側から対角にある相手コートへとサーブをします。

反対にサーブをする人の点数が奇数の場合(1,3,5,7,9,11,13…)、コートの左側から対角にある相手コートへとサーブをします。

 

シングルス

まずはシングルスから先ほどと同じようにAさんとBさんの試合でみていきましょう。

 

まずはBさんからサーブをするとします。

0-0から始まりますので点数は偶数です。よってサーブは右側からおこないます。(上記左図)

するとこのラリーをBさんが得点し0-1となりました。

Bさんの点数が0-1と奇数になったので、次のサーブは左側からおこないます。(上記右図)

 

すると次のラリーもBさんが得点し0-2となりました。

Bさんの点数が0-2と偶数になったので、次のサーブは右側からおこないます。(上記左図)

今度のラリーはAさんが得点し1-2となりました。

Aさんの点数が1-2と奇数になったので、Aさんはコートの左側へと移動しサーブをおこないます。(上記右図)
BさんはAさんの点数に合わせて同じように左側へと移動します。

 

 

このようにサーブを打つ人は、自分の点数が偶数なら右側から、自分の点数が奇数なら左側からといった具合に打ち始める位置を変えてサーブをおこないます

逆にサーブを受ける人は、相手の点数に合わせて偶数なら右側奇数なら左側へとサーブの受ける位置を変える必要があります。

 

自分の点数と相手の点数を覚えておく必要があるね!

 

ここまでの内容をまとめると

  • 点数が偶数のときは右側から
  • 点数が奇数のときは左側から
  • サーブを打つ時は自分の点数が基準
  • サーブを受ける時は相手の点数が基準

以上の4つの点がポイントとなりますので覚えておきましょう。

 

なおここまでのルールはシングルスもダブルスも基本的には一緒なのですが、ダブルスのゲームの進め方はもう少し複雑になってくるので詳しく説明していきます。

 

 

ダブルス

まず改めて確認しておきますが、ダブルスにおいても先ほどの4つのポイントは同じです。

  1. 点数が偶数のときは右側から
  2. 点数が奇数のときは左側から
  3. サーブを打つ時は自分の点数が基準
  4. サーブを受ける時は相手の点数が基準

でしたね。

 

ただしダブルスではプレイヤーがコートに2人ずついますので少し動きが変わってきます。

 

ダブルスで1番重要なことは、コートを4分割したときの最初の立ち位置によって、次のサーブを打つ人・レシーブをする人が変わってくるということです。

 

では実際にみていきましょう。

 

チームとチームで試合をすることになったとします。

最初の4人の立ち位置は下記のように並んでいます。

 

始めに0-0の状態からCチームのサーブでゲームがスタートします。

 

0点(偶数)からのゲームが始まりますので、右側にいるDさんがサーブをおこないます。(上記左図)

このラリーをCDチームが得点し0-1となりました。

 

Dさんは点数が0-1と奇数になったので、今度は左側からサーブをおこないます。

このときサーブの受け手のABチームは、直前のラリーが始まったとき、最初に左側(奇数側)にいたBさんが次のレシーブをおこないます。(上記右図)

 

続いてのラリーをABチームが得点し1-1の同点となりました。

 

ABチームの点数が奇数となりましたので、サーブは直前のラリーで左側にいたBさんがおこないます。(上記左図)

同じようにCDチームも、直前のラリーで左側にいたDさんがレシーブをします。

 

そして次のラリーはCDチームが得点し1-2となりました。

 

CDチームの点数が偶数となりましたので、サーブは直前のラリーで右側にいたCさんがおこないます。(上記右図)

同様にABチームは右側にいたAさんがレシーブをします。

 

今度はCDチームが連続で得点し1-3となりました。

 

点数は奇数ですので、Cさんがそのまま左側に移動してサーブを行います。(上記左図)

レシーブは左側にいたBさんがおこないます。

 

そして次のラリーをABチームが得点し2-3となりました。

 

点数が偶数ですので、直前のラリーで右側にいたAさんがサーブをおこないます。(上記右図)

CDチームも同様に右側にいたDさんがレシーブをします。

 

 

バドミントンのルールのまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ダブルスは2人いる分、動きが少し複雑に感じますね。

ただ要点を抑えてしまえば、それほど難しいものではありませんのでゆっくり覚えていきましょう。

 

以下にポイントをまとめておきます。

  • 直前のラリーが始まったときの立ち位置によって、次のサーブ・レシーブする人が決まる
  • サーブをする側が連続で得点した場合、偶数点なら右・奇数点なら左から同じ人が交互に位置を変えてサーブをおこなう
  • レシーブをする側は相手の点数に合わせて、偶数点なら直前のラリーで右側にいた人・奇数点なら左側にいた人がレシーブをおこなう
  • 連続で得点した場合を除いて、同じ人が2回続けてサーブやレシーブをすることはない

 

始めたばかりの頃はシャトルを返すだけでも必死で、点数やサーブレシーブの順番なんて考えてる余裕はないかもしれません。

それでも大丈夫です。

 

初めのうちはみんなそうですし、なによりダブルスを組むパートナーや周りの方が点数やサーブレシーブの順番を覚えていてくれます。

試合を重ねていくたびに自然とルールは身に付いていきますので、焦らずゆっくりとバドミントンを楽しんでください。

 

みなさまのバドミントンライフが少しでも有意義になることを願っております。

 

 

それでは!