浴室のフックはこれがおすすめ!ニトリの強力ジェル吸盤フックがまじで強力で有能。

おすすめ

みなさんは浴室の収納はどのようにされていますか?

 

私は水滴が溜まって水垢ができるのが嫌なので、浴室内のものはなるべく水に触れないように壁に引っ掛けるようにしています。

 

ただここで問題になってくるのがどのように引っ掛けるのか?

マグネットタイプのフックにするのか、吸盤式にするのか。

 

それぞれメリット・デメリットがあると思いますが、ようやく「これだっ!」というおすすめの商品を発見したので、ご紹介していきたいと思います。

 

 

ニトリ 強力ジェル吸盤フック クレド S40 2個入り

ニトリで販売している強力ジェル吸盤フック。

 

これが本当にすごいんです。

しっかりくっついてびくともしません。

 

商品詳細

カラーはシンプルなホワイトのみ。

 

サイズは幅5.5×奥行2.3×高さ7.5cmと浴室内に付けても大きすぎないサイズ感。

本体はABS樹脂で形成されており、耐熱温度は60℃までとなっています。

 

吸着面にはウルトラジェルパッドが付いており、ザラザラした浴室の壁にもしっかりと吸着します。

最後に本体に付いているつまみを60度回せば、強力吸着し500gのものまで引っ掛けることができます。

 

価格

価格はなんと¥299(税込)。

しかも2個入りで。

 

磁石タイプのフックだと、どれも¥500~¥1,000くらいはしてきますがそれと比べても破格すぎです。

それに磁石タイプの場合、錆びにくいとはいってもやはり錆びの心配はありますしね。

 

使用感

吸着力はまったく問題なし

我が家の浴室の壁はすこしざらざらしているので、はじめは少し心配でしたが取り付けてから今まで1度も取れていません。

 

ただ注意点としては、かなり強力なので1度取り付けると取り外しがちょっと難しいことです。

1度わざと取り外してみましたが、吸着面がしっかりとくっついているので、固めのしたじきを使いシャワーで濡らしながら格闘することでようやく無事に取れました。

 

そのくらい、そんじょそこらの力じゃ取れないということだな。

 

また再度取り付ける際には、ジェル面と接着させる部分に水気がない状態で取り付けないと、吸着力が落ちるので注意してください。

※ジェル面をティッシュなどでこすると、ティッシュが張り付いてしまうので注意。

 

個人的に気に入っているのがフックの先端の細さ。

フックの先端が太いと、桶や柄の太いブラシを掛ける際にうまく掛けられないことが結構あります。

それがこのフックではそんな心配もなく使用することができます。

 

2個入っているので、私は桶と洗顔ネットを引っ掛けています。

 

 

強力ジェル吸盤の石鹸置きもある

そしてもうひとつ。

石鹸置きも使用しています。

 

それがこちら

ニトリ 強力ジェル吸盤ソープディッシュ クレド S60

 

基本スペックはほとんど同じで価格は¥399(税込)です。

こちらも安い。

 

普通は底に石鹸カスが溜まってぬるぬるしてしまいますが、これは空中で水気も切れるという優れもの。

デザインもシンプルで、ぐらつき防止の支えが付いている点もいいですね。

 

 

強力ジェル吸盤のまとめ

浴室の収納に役立つ吸盤フック2点をご紹介しました。

 

吸着力は欲しいけどなんだかマグネットタイプは高いし不安だなと感じている方は、ぜひともおすすめですので試してみてください。

 

また、シャンプーボトルの収納にお困りの方は同じく強力ジェル吸盤がおすすめです!

よろしければこちらの記事もご覧ください。

 

それでは!