思い詰めても生きてりゃなんとかなる!【悩みなんてものは時間が解決してくれるもの】

雑記

どうも、ぺたです。

今日はちょっと趣向を変えてちょっとした昔話をしていこうと思います。
僕のエゴだけの記事です。

かなり重めな話かもなので、興味の無い人はまわれ右してください。
酔っている今しか書けないと思うので書きます。心優しい方はお付き合いください。

人生死んだら終わり

人生死んだら終わりです。これは言うまでもないこと。
でも大事なことなのでもう一度言います。死んだら人生終わり終わりです。

どんなにイヤなことがあったとしても、どんなに苦しいことがあったとしても、死ななかったら、いつかなんとかなるもんです。

死んだら終わりにできるけど、死なないでください。終わらせないでください。

辛いことでも1年後には忘れる

どんなに辛くて、苦しいことでも1年経てば「あー、そんなこともあったなぁ」くらいには思えるようになります。
自分の中で笑い話にもできます。

なんなら、喧嘩して絶交してたような人とも話せるようになってたりします。

だから、どんなに辛くて苦しいことがあっても、時が解決してくれるってことを忘れないでください。

親と喧嘩して家出

僕は父親と不仲で、社会人になるのと同時に家出しました。
家を出るきっかけとなったのは、親と殴り合いの喧嘩になったから。

新社会人の初日は顔に青あざ作って出社しました。
それから4年ほど、連絡は一切取らずに生活してきましたが、あるきっかけから連絡を取る機会がありました。

4年ぶりに直接会って話しましたが、お互い気恥ずかしかったこともあり、若干の距離もありましたが、普通に話せたんじゃないかと思います。

大体のことは時が解決してくれます。だから、それまで深く考えずに目の前のことに集中してください。
そんな些細なこと気にならないくらい、仕事に打ち込んでください。あとから思えば、大したことないことだって思えるもんです。

だから、死なずに生きろ

自分で自分の人生終わりにしちゃいけません。
イヤなこと、逃げ出したいこと、叫び散らかしたいことなんていくらでもありますが、そこで終わらせちゃいけません。

そんな時は誰でもいいからから連絡とってみてください。
誰かに悩みを話してみてるのもいいし、もしそれが無理なら、一緒にご飯に行くだけでもいい。

手当たり次第声かけまくっていれば、誰か一人くらい話を聞いてくれる、一緒にいてくれるだれかが見つかるもんですよ。
友達のいない僕が言うんだから間違いありません。

誰かに話して、スッキリして、それで前向いて歩いていけばいいんです。
どうせ死ぬなら、最後に手当たり次第やってみてからでも遅くはないと思いません?

友達、会社の先輩、後輩、恋人、好きな人、好きだった人、フラれた人、兄弟、誰でもいいので手当たり次第連絡入れてみましょうよ。
誰か一人くらい話を聞いてくれる人がいるはずです。

もしそれでも誰もいないなら僕が話を聞きます。
だからさ、おれに連絡してこいよ。ばか。

生きてりゃなんとかなる

どんなに辛いことがあっても、生きてりゃなんとかなります。
時間はかかるかもしれないけど、時がなんとかしてくれるし、その間に自分自身も成長して、その悩みを受け入れられるようになるかもしれません。

そいつに文句があるなら我慢せず言えばいいし、流れに任せて闇雲に生きてりゃいいんです。
多少のことは、そのひと時だけのことで済みます。

僕は酒に溺れて、大切な人を失って、さらには友人関係を破壊して、朝まで飲み倒れていましたがね。くれぐれもお酒には気をつけましょう。

でもね、そんなことも1週間もすれば忘れちゃうことです。
「あー!もう終わりだー!誰からも見放されたー!!おれの人生終わりだー!!」って思ってたとしても、人生ってやつは僕の考えとかどうでよくて進んでいくもんですからね。

思い詰めずに、やりたいことやって発散して、「よし、今日から頑張ろう!」って感じで前に進んでいけば、いつか必ずいいことがあるし、いつか悪い思い出もいい思い出に変わっていきますよ。
だからさ、まずはおれに連絡して、飲みに行こうよ。

君は飲めないかもだから、ステーキでも食べに行こう。君好きだったもんなぁ?
そんで話聞くよ。職場の悩みの話、転職の話、そして家族の話。おれが1番よく分かることじゃんか。

だからさ、頼むからちゃんと話してくれよ。な。
それからでも遅くないよ。ちゃんと返信しろよな。頼むぜ。

おわり。